保険内では銀歯になる

歯がかけてしまったり、虫歯が大きかったときは被せ物をかぶせていきます。前歯は、硬質レジン前装冠と言われる金属にレジンと言われる白いプラスチックの樹脂を張り付けた被せ物が保険内で治療ができるので、見た目は白くできます。ところが、保険内の被せ物は劣化してかけたり、変色してしまうので審美的に良くありません。

奥歯ですと、保険内では銀歯になるので笑ったときに見えてしまったり、銀歯は金属なのでサビてきたり金属アレルギーの心配が出てきます。そのため、最近ではオールセラミックが人気です。オールセラミックは見た目がきれいで透明感があり、変色をしません。また、汚れが付きにくいので虫歯菌や歯周病菌が付きにくくなっているため、虫歯や歯周病のリスクを軽減できます。

オールセラミックにもいろいろな種類があります。ジルコニアと言われるセラミックは、見た目は透明感がありとてもきれいで硬く、強度があるのでインプラントの上部構造にも使われます。費用は若干高めの歯科医院が多いです。

この記事へのコメント