周りの歯の色に合わせることもできる

自身の歯が黄ばんでいたので被せ物は綺麗な色のものにしたいという人もいるでしょう。

このような要望にも対応できるのがオールセラミッククラウンであり、周りの歯の色に合わせることもできますし、周りの歯よりも白い色にすることもできるのです。

金属を使う保険の差し歯の場合、金属が歯茎に漏れて歯茎が黒くなってしまうことがあります。特に金属の土台を使うと歯茎が黒くなりやすいですし、一度黒くなってしまった歯茎は元の色に戻ることはありません。

被せ物を後から変えても黒ずんだままになってしまいますし、前歯には金属を使わない治療が良いのです。オールセラミッククラウンは金属を使わずに治療を行っているため、歯茎が黒ずんでしまう心配はありません。ちなみに、金属は水分があるところではイオン化して成分が漏れ出してしまうということです。金属イオンが体内に蓄積してしまった場合、急に金属アレルギーになってしまうこともあります。

そのため口内にはできるだけ金属を入れない方が良いと言えるでしょう。また、この被せ物は陶器の材料でできているため、劣化することがないというのもおすすめのポイントです。

この記事へのコメント