歯科医院で前歯を治療する場合

埼玉の歯科医院で前歯を治療する場合、綺麗な前歯にするための方法を知っておくと良いでしょう。

前歯には金属の被せものではなくセラミックの被せ物を使うのが良いとされています。金属の被せものだと歯茎が黒ずんでしまうことがありますし、金属アレルギーのリスクもあるので注意しましょう。埼玉の歯科医院といってもいろいろありますが、最近では前歯のオールセラミックの治療を受ける人が多くなっています。現在のオールセラミックはコンピュータ上で設計し、そのままの形を削り出すというシステムを採用しています。

その上で歯科技工士が精度の高い調整や色付けをしているため、虫歯になりにくい被せ物を作ることができるのです。人気のオールセラミックに興味を持っているけれど、その費用が知りたいという人も多いでしょう。

前歯のオールセラミックでは審美性を重視した治療を行うことになります。周りの歯や歯茎との調和を整えるため、まずは仮歯を入れて調整していくことになります。また、色を決めるために写真を撮ることもありますし、希望の色になるように工夫してくれるのです。治療にかかる回数は個人差もありますが、だいたい2~5回の通院が必要とされています。神経のない歯は歯が割れにくいようにしっかりと補強することになります。

この記事へのコメント