グラスファイバーの土台で歯を強化するのがおすすめ

神経が無くなってしまうと歯は脆くなりますし、金属など硬い土台を入れてしまうと割れてしまうこともあります。特に前歯は割れやすいため、グラスファイバーの土台で歯を強化するのがおすすめです。

そして、セラミックを被せて歯と土台、冠を一体化させるようにします。

仮歯は冠を被せるまでに見た目を回復させておくためのものであり、歯茎の状態を整えるという効果もあります。せっかく綺麗な被せ物を作ってもすぐに歯茎が下がってしまったら見た目が悪くなってしまいます。そのため仮歯で歯茎との調和を整えてから最終的な被せ物を作ることを知っておきましょう。

まずは歯の型を取ることになりますが、正確な模型を作ることで被せ物の調整や適合の精度を高めることができます。完成したオールセラミックは口の中で最終確認をして調整してから歯につけることになります。1~2習慣で歯茎に馴染みますし、自然な見た目になるでしょう。

歯というのは見た目の印象を大きく変える部分ですし、埼玉の歯科医院でおすすめの治療方法を相談してみると良いかもしれません。特に前歯は綺麗にしておくことが大切です。

この記事へのコメント